アニメマギレコ11話の感想と考察・気になった点【マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝】

スポンサーリンク

はい、どうもみなさんこんばんは、かずくんです。

先日、『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』第11話が放送されました。

もうあと2話ですよ! 2話!

ヤバいですね。正直もっとやると思っていたのですが…、分割2クールとなるか、もしくは劇場版に持ち越すか…。

まあ、それは公式の情報待ちですね…。

では、アニメマギレコ11話の感想、考察、気になった点を書いていきたいと思います。

毎度のことですが、僕は『魔法少女まどか☆マギカ』は全話(映画も含めて)視聴済み、ゲーム版のマギレコもプレイ(ストーリー完走済み)している、ということは言っておきます。(ネタバレがあるときは”ネタバレ注意”と事前に書いておくつもりですが、あくまでも”ゲームでのストーリーを知っている状態で書いている”ということをお忘れなく)

10話の感想と考察はこちらです。

スポンサーリンク

感想

いやあ、今回はいつもよりちょっと興奮してしまいました。

ゲルトルートの登場、そして灯花ちゃんの登場。

これで興奮しないはずがありませんよね!

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』第11話より引用 
(C)Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

特に灯花ちゃんはめっちゃ可愛かったです。椅子にちゃんと座らないあたりが子供っぽくておちゃめな感じがしますよね。

ゲーム版だと割としっかり座ってたのですが…アニメ世界線の灯花ちゃんのほうが子供っぽいということですかね?

あとは、今回はバトル要素が薄かった代わりに、かなり不穏な空気がみかづき荘、ももことレナの間で流れていました。

その原因はやちよさんの過去(正確には前のみかづき荘メンバーの過去)にあることがアニメの随所からわかりますよね。残り話数から判断すると、この過去の話を明らかにしつつ、なんやかんやあって終わりになるのではないかなあ、と思います。

では、感想はここまでにして気になった点についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

オープニングの変更点について

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』第10話より引用 
(C)Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners
『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』第11話より引用 
(C)Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

今回からオープニングが微妙に変更されていたことに気づいたでしょうか?

変更されたところは2か所あって(間違っていたら申し訳ない)、そのうちの1か所がこの部分です。

上の画像が~10話まで、下の画像が11話でのシーンです。

10話までは立ち耳の魔女とその手下、羊の魔女の手下、フクロウ幸運水のウワサの手下的なものが描かれています。

そして11話では、10話までで描かれていた魔女やウワサの他に、屋上の魔女、砂場の魔女、BOXWOOD、象徴の魔女の手下、絶交階段のウワサ、フクロウ幸運水のウワサ、水名神社のウワサ、ひとりぼっちの最果てのウワサが描かれています。

まあ、簡単に言うと、いろはちゃん達が今までに戦ってきた魔女やウワサが追加されたということですね。

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』第10話より引用 
(C)Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners
『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』第11話より引用 
(C)Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

もう1か所がこのシーン。

これは見てすぐわかります。さなちゃんが増えました。

とはいえこれに関しては、みかづき荘のメンバーとなる度に増えていたので、予想できた変化ではあります。

つまり、前回でさなちゃんが正式なみかづき荘メンバーになったということを表しているのですが、まあオープニングを見なくてもわかることですからね。

まあ、まどマギの時もそうでしたが、オープニングでメインキャラ5人が全員揃った場面が見れるというのはいいものですよね。

いろはちゃんのトーク

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』第11話より引用 
(C)Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

ホントどうでもいいんですが、すごく気になったので書かせてください。

まあまずこのトークに関しては、緑の吹き出しのアプリと同じものと考えて相違ないでしょう。

このグループの名前が気になるものばかりですよね。

「サプライズ大作戦」というグループは、今話でやちよさんにサプライズをする用に作られたグループですね。メンバーの4人はやちよさん以外の4人でしょう。

「万々歳をやさしい味」にというグループは、名前から察するに万々歳の特徴である50点料理の味をどうにかしようというグループだと思われます。メンバーの5人は、おそらくみかづき荘メンバーの5人だとは思いますが、ゲーム版だと有名洋食店の魔法少女がいるので、その子が入ってるかもしれません。

そして見切れていますが、一番下に「フェリシアちゃんを見守る会」というのがあります。これも名前の通り、フェリシアちゃんが変なことをしないように監視するグループなんでしょう。それほどまでにフェリシアちゃんが心配かという感じなんですが…。メンバーの3人はおそらく、やちよさん、いろはちゃん、鶴乃ちゃんでしょう。

まあどうでもいいところではあるのですが、みかづき荘メンバーの細かな関係性が見えてくるのは良い点ではありますね。

 

薔薇園の魔女ゲルトルート

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』第11話より引用 
(C)Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

これはもう魔女の原典と言っても差し支えない魔女ですよ。

まどマギの1話で登場した魔女”GERTRUD”、読み方ゲルトルートが今回登場しました。個人的にこれは熱い展開ではあります。まあ戦闘シーンがほとんどなかったのは残念ではありましたが…。

そしてこのゲルトルートの特徴として、結界内の魔女文字が多いことが挙げられます。

dai blühenden Rosen sollen der. Königin sofort geschenkt sein.
 新しく咲いた薔薇はすぐ女王様に
bekämpfe schädliche insekten!
 害虫を許すな!
das sind mir unbekannte blumen
 僕たちが知らない花だ
ja. schneide sie ab
 そうだ。切ってしまえ
kein durchgang
 立入禁止
Schneiden wir überflüssige Äste heraus.
 いらない枝は切り落とそう
moero
 燃えろ

上記は僕が確認できた範囲で、ゲルトルートの結界内に書いてあった魔女文字です。書いてみると分かるのですが、実はこれは、まどマギの1話で同じくゲルトルートの結界内で登場した魔女文字の一部なのです。

新しい魔女文字が出てこなかったのは残念ではありますが、逆にゲルトルート感が出たのかなと思います。ゲルトルート登場時の魔女文字のラッシュには懐かしさを覚えたぐらいですからね。

ただヤバいのは、この量でも本家と比べると少ないんですよ…。今考えると、本家はどんだけ魔女文字出してたんだよ、という話ですよね…。

記憶ミュージアムのウワサ

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』第11話より引用 
(C)Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

アラもう聞いた?誰から聞いた?
記憶ミュージアムのそのウワサ
変えたい記憶?忘れたい記憶?それとも思い出したいキ・オ・ク?
記憶のことでお悩みならば、記憶ミュージアムにいらっしゃい
チリンとベルを鳴らしてみれば、そこはあらゆる記憶を展示して、研究を進める博物館!
記憶を通して解明された、いろんな真実が見られちゃう!
保管されてる記憶を見ると、その記憶に自分は影響されちゃうって、
栄区の人たちの間ではもっぱらのウワサ
アリャコリャナンダー!

という説明で紹介されるウワサ。

アニメを見た限りだと、かなり大きな引き出しが壁にびっしりあるだけで、本体が描かれていないような気がするのですが、本体が描かれることはあるんですかね…?

もしかしたら、その壁の引き出し自体が本体、というよりかは記憶ミュージアムの建物全部が本体なのかもしれませんが…そこらへんははっきりしませんね。

ゲーム版だと、記憶キュレーターという名前で同じウワサが登場するのですが、その記憶キュレーターは完全に本体だと分かります。

ただ、アニメ版のウワサは、ゲーム版のウワサに比べて多かれ少なかれ変更が加えられている(変更がないウワサもなくはないが)ので、ゲーム版がどうであれ何の参考にもならないのが残念な点ではありますね。

まあ、次回か次々回あたりでわかることですので、そこまで待とうと思います。わかったらその話の記事に書いておきます。

やちよさんの過去への布石 

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』第11話より引用 
(C)Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

これが今話の大本命でしょう。

やちよさんの過去に何があったのか。明らかになるのは次回だとは思いますが、今回は次回への布石が多く含まれていた回でした。

1つが上のシーンですね。いろんな写真が飾られていることが見て取れますが、その中に2枚人物が含まれている写真があります。

この2人は、かつてやちよさんやみふゆさんの仲間だった人(一緒にみかづき荘にいた描写があった人)です。この2人が、やちよさんの過去を語る上で欠かせないということでしょう。いやてか欠かせないんです。

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』第11話より引用 
(C)Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

あとは、このみふゆさんが自身のマグカップを手に取ったシーンも布石の一つだと思います。

みふゆさんが前のみかづき荘の住人であることは、今までで何度か描かれてきているので今更な感じではありますが、布石であることに変わりはないでしょう。

また、みふゆさんがマグカップをとろうと棚を開けたときに、いろはちゃんが「やちよさんからそこの棚は明けないように言われている」的なことを言っていたことから、やちよさん的には過去のことは隠しておきたい部分があることがわかります。

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』第11話より引用 
(C)Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

そして、最後の布石(もっとあると思いますが、ここで紹介する布石の中では最後)が、ももこさんのこのシーン。

今まで全くと言っていいほどストーリーに絡んでこなかったももこさんが、今回ようやくストーリーに絡んできましたね。しかも、やちよさんの過去をどうやら知っている、というかやちよさんの仲間だったっぽい感じがしますよね。

これも次回で描かれるのでしょう。

さいごに

はい、ということで、『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』第11話の感想、考察、気になった点について書いてみました。

やちよさんの過去という大きな謎を解くとともに、物語も佳境へと向かってまいりました。

まあ確かにアニメ「マギアレコード」の1つの区切りとして、今まで語られることのなかったやちよさんの過去の解明を持ってくるのは妥当だとは思います。

ゲーム版の第1部は10章あり、やちよさんの過去が明らかになるのは第6章。

アニメ版はゲーム版の第1部の大体半分をやるということになるでしょうか。

あとはいつやるんでしょうかね。まあ、それは公式の発表を待つしかありませんが。

では、今回の記事はここで終わりにしたいと思います。

読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いた人
かずくん

ブログ管理人のかずくんです。
多趣味の暇人ブログ書き。ゲーム、アニメ等書きたいこと書いていきます。

かずくんをフォローする
アニメマギア・レコード
スポンサーリンク
かずくんをフォローする
スポンサーリンク
今日は何書く?

コメント

タイトルとURLをコピーしました